こんなドッグフードは食物アレルギーの危険が!知らない飼い主は失格

犬は人間と同様に食物のアレルギーがあります。

そして、市販されているドッグフードの中には身体に合わないこともあります。

そんな時はどんなドッグフードを選ぶと良いのでしょうか?

大切な愛犬に合うドッグフードが売っていなければ困ってしまいますよね。

犬の食物アレルギーとは

犬の食物アレルギーには様々な種類が存在します。

主なアレルギー源は

  • 小麦
  • とうもろこし
  • 大豆
  • 乳製品

が多く、さらに肉類では

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉

がアレルギーになり易いとされています。

これらをアレルギーに掛かった犬が食べると、

皮ふ炎
腸炎
鼻炎

といった症状になってしまい大変苦しい思いをします。

特に多いのがドッグフードに含まれる穀物のトウモロコシと小麦です。

穀物アレルギー対策はグレインフリーのフード

市販の安価なドッグフードは安価で量を稼ぐ方法が用いられます。

しかし、愛犬が食物アレルギーを持っていたら、体調の悪化は避けられません。

そこで穀物を全く使用しないドッグフード「グレインフリー」が最近のドッグフードで注目されています。

完全なグレインフリーは、穀物を全く含んでいません。

「この完全グレインフリーが最も犬に適している」

という意見が多かったのです。

しかし、最近は研究が進み、犬は人間に近い栄養素が必要で、穀物も多少は必要という見方も出てきています。

では、どっちがいいの?

アレルギーが心配な飼い主さんは悩んでしまいますよね。

その中で、最近、注目されている種類が「グルテンフリー」という種類です。

グルテンとは

小麦やライ麦など穀類の胚芽と胚乳の部分から生成されるタンパク質の一種のことです。食物アレルギーの原因になるタンパク質とも言われています。

グルテンフリーのドッグフードは、小麦やトウモロコシ・大豆などアレルギーになり易い穀物は使用せず、大麦、玄米などアレルギー性の低い穀物を使用しています。

この穀物で、胃腸を整え、消化を助けるのです。

全く穀物が入っていないグレインフードの場合は、元々胃腸の弱い犬の場合、軟便や下痢など調子が悪くなることがあります。

牛肉・豚肉・鶏肉のアレルギー

犬は本来肉食なので、お肉が好物です。

しかし、牛肉・豚肉・鶏肉はアレルギーになってしまうことがあります。

ではお肉は与えらえれないの?

と疑問に思うでしょう!

そんな場合は、アレルギーになり難い肉があるのです。

代表的なものでは、

    • ラム肉
    • 鹿肉
    • 馬肉
    • 七面鳥

これらがアレルギーになり難い肉類です。

馬肉アレルギー対策2

これらを使ったドッグフードならアレルギーになる可能性が極めて低いので、安心して愛犬に与えることが出来ます。