穀物が入っているドッグフードはNG?グレインフリーの影響を知る!

近年はドッグフードは様々な種類が販売されています。

例えばライフステージに合わせて

  • 子犬用
  • 成犬用
  • 老犬用

といった年齢別のがあったり、

  1. トイプードル用
  2. チワワ用
  3. 柴犬用

など犬種別のドッグフードだったり、数えきれないほどの種類があります。

そんな中、最近特に目にする事が多くなった「グレインフリー」という種類のドッグフード。

「グレインフリー?」って方も多いんじゃないでしょうか?

グレインフリーとは?

グレインフリーは「穀物類(小麦粉・トウモロコシ等)を使用していない」という意味なのです。

グレインは穀物を指し、フリーは不使用という意味です。

でも、なぜグレインフリーが流行っているのでしょう。

グレインフリーのメリット

犬は小麦やトウモロコシのアレルギーを持っている場合が時々あるのです。

例えば小麦のアレルギーを持っている犬が、小麦を原材料に含むドッグフードを食べると、体調不良や食欲不振など、身体に悪影響を及ぼすことがあります。

そのためグレインフリーのドッグフードが注目されているのです。

また穀物は野菜や脂肪分の少ない肉と比較して

  • 消化不良になりやすい
  • 太りやすい

というデメリットがあるので、穀物類を避ける飼い主さんが多くなってきているのです。

グレインフリーのデメリット

身体によく、アレルギーも少ないグレインフリーのドッグフードは残念ですが、

デメリットもあるのです。

それは犬にも健康のため適量の穀物が必要だからなのです。

穀物類には食物繊維が豊富に含まれているため、腸の調子を整えてくれるのです。

特に便秘のワンちゃんには重要な原材料となります。

そのため全く摂取しないのも問題なのです。

グルテンフリー

そんな中、さらにグルテンフリーというドッグフードもあります。

グルテンフリーとは「グルテン不使用」つまり小麦やトウモロコシが不使用です。

犬は穀物類のアレルギーを持っている可能性があります。

しかし最もその可能性が高いのが小麦であり、その他の穀物類

  1. 玄米
  2. 大麦
  3. オーツ麦

等は比較的低いと言われています。

実は穀物(炭水化物)は犬にとっても必要不可欠な成分だったのです。

なので愛犬家さん達の間では、グレインフリーでは無くてグルテンフリーが流行始めてきています。

穀物が入っているドッグフードはNG?のまとめ

市販の低品質なドッグフードには、量をかさ増しするため小麦が大量に含まれていることが多いです。

もし愛犬が小麦アレルギーであれば、そのドッグフードは与えられません。

愛犬の命に係わる問題に発展してしまいます。

もし愛犬がアレルギーを持っていたら、是非グレインフリー(グルテンフリー)のドッグフードをお選びください。