愛犬が何日もドッグフードを食べていない。その訳は?対策方法を伝授

犬は約1万2000年前~3万5000年も前から人間のパートナーとして暮らしてきました。

それは現代出も同じです。

そんな家族同前の愛犬が「ドッグフードを食べない!」。

そんな時に飼い主さんは困ってしまいますよね。

でもなぜドッグフードを食べないのか?原因を知りたいですよね。

 

何故ドッグフードを食べないのでしょうか?

生物は食事をしないと栄養不足で死に至ります。

それでも、愛犬がドッグフードを食べない理由をご説明します。

それは

  • ドッグフードの切り替えを急ぎ過ぎた
  • ドッグフードが酸化している
  • 味に飽きる

このような理由がほとんどなのです。

ドッグフードの切り替えを急ぎ過ぎた

犬はドッグフードを一気に切り替えると食べないことがあります。

それは、食べ慣れたごドッグフードから急に違う匂いや味へ変わると「胃腸が拒否反応を起こしてしまう」事があるのです。

そのためドッグフードを別のものに切り替える時は、以前に与えていたドッグフードと新しいドッグフードを混ぜて与えるのが適切です。

しかし正しい混ぜる方法に従う必要があります。

初日は以前のドッグフードに対して10~20%を新しいドッグフードへ切り替えてください。

そして朝晩は同じ比率を保ちます。

それから、毎日10~20%を新しいドッグフードへ変えて行き、5日程度で完全に新しいフードへ切り替えます。

もし愛犬のドッグフードを切り替える時が来たら、実践してみてください。

ドッグフードが酸化している

これは全ての生き物に共通していることです。

人間でも食べ物が酸化(腐る)していたら食べないですよね。

ドッグフードにも消費期限があります。

期限を守るのは当然として、消費期限前にドッグフードが酸化してしまった事ってありませんか?

それは間違いなくドッグフードの保存の仕方が正しくないからなのです。

では「正しいドッグフードの保存方法」ってどうする?

実はその方法は

  1. 空気を遮断して密閉
  2. 光を当てない
  3. 高温多湿を避ける

この3つの条件を満たす冷暗所が適当です。

例えば

  • 床下収納
  • キッチンの低い位置の収納
  • クローゼット

このような家の中で温度が高くならない場所になります。

このような場所であれば、ドッグフードが消費期限前に酸化することは極めて少ないでしょう。

味に飽きる

犬は味覚よりも嗅覚が発達していますが、当然、味覚もあります。

そのためドッグフードの味も重要なのです。

そして中には嗜好性の高いワンちゃんもいるでしょう。

そういったワンちゃんは好みでないドッグフードは全く食べない可能性もあります。

そういう場合はトッピングが効果的なのです。

例えば

  1. 煮干し
  2. 茹でたキャベツ
  3. 加熱した鶏肉

などなど、愛犬が好むトッピングを見つけてあげましょう。

トッピングの味が染みたドッグフードは意外と食べてくれるものです。